有料老人ホーム入所時に知るべきポイント

有料老人ホームの特徴は、高齢者が住みやすいように配慮されている点に加えて食事の提供や介護の提供などが施されている施設です。
またその他洗濯や掃除などの家事のように生活をおくる上でのサービスがついているのも注目すべきところではないでしょうか。
有料老人ホームに入居する際には、入居の条件を考える必要があります。

すべての施設で条件が一定であるとは限りません。
それは年齢や健康状態で選択するホームは変わるのです。年齢条件は、高齢者対象ですので60歳以上または65歳以上となっています。
夫婦での入居を考えておられる場合は、そのどちらかが年齢条件以上であれば可能となります。

また健康状態においても、健康なうちから入居が可能な施設もあれば介護が必要になってから入居する有料老人ホームがあります。



共用施設も特徴的です。



健康な方向けのホームには、図書室やトレーニングルームがありますし、介護が必要な方向けのホームにはリハビリスペースが完備されています。



トイレやお風呂、ミニキッチンなどの装備はもちろんありますが、活動的な生活を送ってほしいためのアクティビティーなどの工夫も目を見張るものがあります。
健康な方には音楽コンサートやダンス、絵画、書道もできるようになっており、介護が必要な方には、散歩やリハビリ体操、映画鑑賞、カラオケ、園芸なども用意されています。

また入居を考える場合の契約上のチェックポイントには入居一時金や入居保全措置、短期解約特例などが設定されていますので必ず確認されるといいでしょう。

入居時に困ることのないように細かなポイントに注意され、楽しい第二の生活を送ってほしいものです。