老人ホームについてです

老人ホームとは、一般的に高齢者が入居する施設のことを言うのですが、日本には有料老人ホームと老人福祉施設という二つの種類があります。

有料老人ホームは主に民間の企業によって運営されており、65歳以上で自立の人や要支援、要介護の人まで幅広く入居することができます。介護付と住宅型、健康型という3つのタイプがあり、入居の対象となる人は施設によって異なるのですが、空室があればすぐに入居できるというメリットがあります。

日々の生活を快適に過ごせるようにさまざまなサービスが充実しており、個室でプライバシーが守られています。



費用はそれなりにかかってしまいますが、一人一人のニーズにしっかり対応してくれます。

老人福祉施設は特別養護老人ホームとも呼ばれる施設であり、社会福祉法人や地方自治体などが運営しています。

まずはこの施設を探すという人もいるかもしれませんが、入居するためには条件があるのでしっかり確認しておきましょう。



この施設に入居できるのは、65歳以上で要介護1~5の認定を受け、常に介護が必要な状態で自宅での介護が困難な人となっています。
そのため寝たきりや認知症の人などが優先であり、入居待ちの人が非常に多いと言われています。

入居までに早くて数ヶ月、長い場合だと数年かかることもあります。

老人福祉施設は公的な施設なので低料金で利用することができますが、個室ではなく相部屋になることが多く、あまりサービスが充実していないこともあります。